ニュース

ひんやり快適!冷感寝具「Q-MAXシリーズ」

masterdoris

夏の快適な睡眠に「冷感寝具Q-MAXシリーズ」 2024.5.2 「暑くて寝つけず目覚めも悪い」「快適な涼しさで眠りたい」「自宅でお手入れできる寝具が便利」...そんな方におすすめなのが【接触冷感素材の寝具】です!接触冷感とは、人がモノに触れたときに「ひんやりしている」と感じることです。ひんやりと感じる理由は、その物体の熱伝導率が高く体の熱を吸収してくれるからです。 この記事では、そんな接触冷感布団の特徴や、お手入れ方法などをご紹介します。 「Q-MAX値」ってなに? 冷感寝具を探しているとよく目にする「Q-MAX値」とは、ひんやり指数を表す値のことで、生地に体が触れた瞬間の熱の移動量をわかりやすく数値化したものです。 「接触冷感寝具」と呼ばれるものはこの数値が0.5以上のものが多いです。数値が高ければ高いほど、触れた瞬間からひんやり感を感じることができます。 寝返りで体が離れた場所は、放熱するため元の冷感状態に戻ります。そのため、これを繰り返すことでひんやり感が続くため快適な睡眠をとることができるのです。   ひんやり寝具を選ぶときのポイント 人は眠っているときに、コップ約1杯分もの汗をかきます。これは深い眠りにつくために体温を下げているからと言われています。この大量の汗を敷パッドが吸収できず衛生面も維持できなくなると、質の悪い睡眠に繋がる恐れが。ひんやり寝具を選ぶときは、汗をしっかり吸収し、ニオイの原因となる菌の繁殖を抑えてくれるものを 選んでみてください。ご自宅で洗濯ができるものであれば、常に清潔を保てるのでおすすめです。 「もっちりエアーケット」と合わせてさらに快適な睡眠を Q-MAX値が基準値の約2倍もある「肌ざわりの良いエアーケット」。もっちりをした肌ざわりで全身を包みこんでくれます。メッシュ構造なので通気性も抜群で暑い季節のムレを軽減し、快適な睡眠をとることができます。 また、冷感生地とタオル生地のリバーシブルタイプなので、暑い日は冷感生地を内側にしてひんやりと心地よく、少し肌寒い日にはタオル生地を内側にしてふわっと防寒に。 室内の温度やシーンに合わせて使い分けることができてとても便利です。 ▼夏用おすすめ布団はこちら▼

ひんやり快適!冷感寝具「Q-MAXシリーズ」

masterdoris

夏の快適な睡眠に「冷感寝具Q-MAXシリーズ」 2024.5.2 「暑くて寝つけず目覚めも悪い」「快適な涼しさで眠りたい」「自宅でお手入れできる寝具が便利」...そんな方におすすめなのが【接触冷感素材の寝具】です!接触冷感とは、人がモノに触れたときに「ひんやりしている」と感じることです。ひんやりと感じる理由は、その物体の熱伝導率が高く体の熱を吸収してくれるからです。 この記事では、そんな接触冷感布団の特徴や、お手入れ方法などをご紹介します。 「Q-MAX値」ってなに? 冷感寝具を探しているとよく目にする「Q-MAX値」とは、ひんやり指数を表す値のことで、生地に体が触れた瞬間の熱の移動量をわかりやすく数値化したものです。 「接触冷感寝具」と呼ばれるものはこの数値が0.5以上のものが多いです。数値が高ければ高いほど、触れた瞬間からひんやり感を感じることができます。 寝返りで体が離れた場所は、放熱するため元の冷感状態に戻ります。そのため、これを繰り返すことでひんやり感が続くため快適な睡眠をとることができるのです。   ひんやり寝具を選ぶときのポイント 人は眠っているときに、コップ約1杯分もの汗をかきます。これは深い眠りにつくために体温を下げているからと言われています。この大量の汗を敷パッドが吸収できず衛生面も維持できなくなると、質の悪い睡眠に繋がる恐れが。ひんやり寝具を選ぶときは、汗をしっかり吸収し、ニオイの原因となる菌の繁殖を抑えてくれるものを 選んでみてください。ご自宅で洗濯ができるものであれば、常に清潔を保てるのでおすすめです。 「もっちりエアーケット」と合わせてさらに快適な睡眠を Q-MAX値が基準値の約2倍もある「肌ざわりの良いエアーケット」。もっちりをした肌ざわりで全身を包みこんでくれます。メッシュ構造なので通気性も抜群で暑い季節のムレを軽減し、快適な睡眠をとることができます。 また、冷感生地とタオル生地のリバーシブルタイプなので、暑い日は冷感生地を内側にしてひんやりと心地よく、少し肌寒い日にはタオル生地を内側にしてふわっと防寒に。 室内の温度やシーンに合わせて使い分けることができてとても便利です。 ▼夏用おすすめ布団はこちら▼

暑い時期の布団の選び方

暑い時期の布団の選び方

masterdoris

暑い時期の布団の選び方 2024.4.26 寝苦しい季節のお布団、どう選んでいますか?冷房や扇風機をつけて、何も掛けずに寝ている方が多いと思います。 実は、暑い夜に快適に眠るためにも布団は必須アイテムなんです。 質の高い睡眠をとるためにつくられた夏用の掛け布団もたくさんあります。ポイントを抑えて自分にあった夏用布団を選ぶことで、快適な睡眠に繋がります。 この記事では、夏用布団の必要性や選び方、お手入れ方法などをご紹介します。 夏だからこそ必要な掛け布団 暑い時期に掛け布団は必要ないと思う方、多いと思います。ですが、夏だからこそ必要な理由があります。 1.「汗を吸収し、湿気を発散してくれるため」、 2.「冷房などによって体を冷やしすぎないようにするため」です。 夏はとくに寝ている間に汗をかきやすく、寝苦しさを感じてしまうことが多いのではないでしょうか。夏用の布団は、速乾性が高く、湿気がこもりにくい通気性の良いというメリットがあります。 このような特徴を知って使うことで、寝苦しさや起きたときの体のだるさの軽減につながります。 汗をかいてそれが蒸発するときには、体温も一緒に下がっていきます。 なので冷房や扇風機をつけたまま寝ていると、室温もさらにさがり体調を崩してしまうことにつながる可能性もあります。 体の冷えすぎを防ぐためにも、夏用掛け布団は大切です。 【夏用布団におすすめの素材】 暑い時期にも掛け布団は必要ですが、冬に使われるような厚手の素材を使ったお布団だと今度は暑すぎて 質の悪い睡眠につながってしまうかもしれません。 寝苦しい夜でも気持ち良い睡眠が取れる素材をご紹介します。 肌掛け羽毛布団 「羽毛布団」と聞くと冬場に使用するイメージが強いですが、「肌掛け羽毛布団」であれば夏でも活用できます。 肌掛け羽毛布団は、繊維をほどよく詰め込んだ軽い仕上がりで柔らかく、汗をかいても吸湿・速乾性のある繊維なのでちょうどいい温度に保ってくれます。 夏でも寝冷えしやすい方や、体の冷えが気になる方におすすめです。 綿100%のケット 天然素材の綿を100%使用しているケットは、通気性・吸水性にとても優れており汗をかいてもサラサラとした状態を保ちます。 小さなお子さまのいるご家庭はもちろん、お肌が敏感な方におすすめする素材です。暑すぎず寒すぎない、ちょうどいい温かさを保つ綿100%ケットは毎年人気のある寝具アイテムです。 ご自宅で洗濯もできるので、常に清潔感を保って使用できるのも魅力のひとつです。 夏用布団を選ぶときのポイント 快適な睡眠と気持ち良い目覚めのために、夏用の布団選びは大切です。とくに冷房や扇風機の風が直接当たるコーディネートの寝室の場合は体温調整が難しくなります。 適度な体温を保つことができる保温性があるものを選び、寝冷えしない肌掛け羽毛布団やコットン100%のケットを選ぶといいかもしれません。...

暑い時期の布団の選び方

masterdoris

暑い時期の布団の選び方 2024.4.26 寝苦しい季節のお布団、どう選んでいますか?冷房や扇風機をつけて、何も掛けずに寝ている方が多いと思います。 実は、暑い夜に快適に眠るためにも布団は必須アイテムなんです。 質の高い睡眠をとるためにつくられた夏用の掛け布団もたくさんあります。ポイントを抑えて自分にあった夏用布団を選ぶことで、快適な睡眠に繋がります。 この記事では、夏用布団の必要性や選び方、お手入れ方法などをご紹介します。 夏だからこそ必要な掛け布団 暑い時期に掛け布団は必要ないと思う方、多いと思います。ですが、夏だからこそ必要な理由があります。 1.「汗を吸収し、湿気を発散してくれるため」、 2.「冷房などによって体を冷やしすぎないようにするため」です。 夏はとくに寝ている間に汗をかきやすく、寝苦しさを感じてしまうことが多いのではないでしょうか。夏用の布団は、速乾性が高く、湿気がこもりにくい通気性の良いというメリットがあります。 このような特徴を知って使うことで、寝苦しさや起きたときの体のだるさの軽減につながります。 汗をかいてそれが蒸発するときには、体温も一緒に下がっていきます。 なので冷房や扇風機をつけたまま寝ていると、室温もさらにさがり体調を崩してしまうことにつながる可能性もあります。 体の冷えすぎを防ぐためにも、夏用掛け布団は大切です。 【夏用布団におすすめの素材】 暑い時期にも掛け布団は必要ですが、冬に使われるような厚手の素材を使ったお布団だと今度は暑すぎて 質の悪い睡眠につながってしまうかもしれません。 寝苦しい夜でも気持ち良い睡眠が取れる素材をご紹介します。 肌掛け羽毛布団 「羽毛布団」と聞くと冬場に使用するイメージが強いですが、「肌掛け羽毛布団」であれば夏でも活用できます。 肌掛け羽毛布団は、繊維をほどよく詰め込んだ軽い仕上がりで柔らかく、汗をかいても吸湿・速乾性のある繊維なのでちょうどいい温度に保ってくれます。 夏でも寝冷えしやすい方や、体の冷えが気になる方におすすめです。 綿100%のケット 天然素材の綿を100%使用しているケットは、通気性・吸水性にとても優れており汗をかいてもサラサラとした状態を保ちます。 小さなお子さまのいるご家庭はもちろん、お肌が敏感な方におすすめする素材です。暑すぎず寒すぎない、ちょうどいい温かさを保つ綿100%ケットは毎年人気のある寝具アイテムです。 ご自宅で洗濯もできるので、常に清潔感を保って使用できるのも魅力のひとつです。 夏用布団を選ぶときのポイント 快適な睡眠と気持ち良い目覚めのために、夏用の布団選びは大切です。とくに冷房や扇風機の風が直接当たるコーディネートの寝室の場合は体温調整が難しくなります。 適度な体温を保つことができる保温性があるものを選び、寝冷えしない肌掛け羽毛布団やコットン100%のケットを選ぶといいかもしれません。...

快適な眠りに!春夏寝具特集2024

快適な眠りに!春夏寝具特集2024

masterdoris

とにかく涼しいのが良い人へ 湿度が高く寝苦しい夜に最適!接触冷感機能を備えたひんやり寝具。エアコンの電気料金を抑えて夏を過ごしたい方や、暑がりな方へおすすめです。 ひんやり敷パッドS¥2,090 ひんやり敷パッドSD¥2,790 冷感エアーケットS¥3,290 もっちり枕カバー¥1,390 涼しさも肌触りも大事にしたい良いとこどり 肌への接地面を少なくして熱を発散しやすくする丁寧なキルティング加工から、高級感のあるなめらかな肌触りのピーチスキン加工を施したものまで。肌触りにもとことんこだわりました。 ひんやり寝具3点セット¥2,490 冷感肌ふとん¥2,990 4層構造枕¥3,990 掛ふとんカバー¥3,790 ダニ通過率0%!アレルギーが気になる方へ 毎日使う寝具は寝ている間の汗を吸収して汚れがち。繰り返しのお洗濯でも効果が落ちにくい薬剤不使用の防ダニ寝具。天然素材の綿100%で肌に優しくふんわりとした寝心地。 防ダニ敷きパッドSD¥2,890 防ダニケットSD¥4,890 防ダニボックスシーツSD¥2,390 防ダニ掛け布団カバーS¥3,090 業界トップクラス!Q-MAX基準値2倍以上のひんやり寝具 超ひんやり敷きパッドD¥2,790 ひんやりソルトジェルマット¥4,690

快適な眠りに!春夏寝具特集2024

masterdoris

とにかく涼しいのが良い人へ 湿度が高く寝苦しい夜に最適!接触冷感機能を備えたひんやり寝具。エアコンの電気料金を抑えて夏を過ごしたい方や、暑がりな方へおすすめです。 ひんやり敷パッドS¥2,090 ひんやり敷パッドSD¥2,790 冷感エアーケットS¥3,290 もっちり枕カバー¥1,390 涼しさも肌触りも大事にしたい良いとこどり 肌への接地面を少なくして熱を発散しやすくする丁寧なキルティング加工から、高級感のあるなめらかな肌触りのピーチスキン加工を施したものまで。肌触りにもとことんこだわりました。 ひんやり寝具3点セット¥2,490 冷感肌ふとん¥2,990 4層構造枕¥3,990 掛ふとんカバー¥3,790 ダニ通過率0%!アレルギーが気になる方へ 毎日使う寝具は寝ている間の汗を吸収して汚れがち。繰り返しのお洗濯でも効果が落ちにくい薬剤不使用の防ダニ寝具。天然素材の綿100%で肌に優しくふんわりとした寝心地。 防ダニ敷きパッドSD¥2,890 防ダニケットSD¥4,890 防ダニボックスシーツSD¥2,390 防ダニ掛け布団カバーS¥3,090 業界トップクラス!Q-MAX基準値2倍以上のひんやり寝具 超ひんやり敷きパッドD¥2,790 ひんやりソルトジェルマット¥4,690

★キッズインテリア特集★七五三・クリスマス・お正月・進学...お子様用の可愛いインテリア

★キッズインテリア特集★七五三・クリスマス・お正月・進学...お子様用の可愛いインテリア

staffdoris

kids interiors 七五三・クリスマス・お正月・進学これから楽しいイベントが沢山始まりますね♪お子さまを笑顔にできるような可愛いインテリアを提案します。 --------------   kids sofa   大人顔負けのお部屋作りはぜひソファから♪自分だけの特等席でゆったりくつろぎながらたまにはママと一緒に本を読んだりするのもいいですね♪ --------------   study desk   来年進級するお子さまには学習机は必須。成長してもずっと使えるデザインがいいですね♪コンパクトサイズだとリビング学習にも最適です! --------------   bed 1日頑張った体を休めるベッド選びも大切!夜中目が覚めたときにすぐ降りれる高さやベッド下収納できる便利さなど、機能性のチェックは重要です。   -------------- おすすめアイテム          

★キッズインテリア特集★七五三・クリスマス・お正月・進学...お子様用の可愛いインテリア

staffdoris

kids interiors 七五三・クリスマス・お正月・進学これから楽しいイベントが沢山始まりますね♪お子さまを笑顔にできるような可愛いインテリアを提案します。 --------------   kids sofa   大人顔負けのお部屋作りはぜひソファから♪自分だけの特等席でゆったりくつろぎながらたまにはママと一緒に本を読んだりするのもいいですね♪ --------------   study desk   来年進級するお子さまには学習机は必須。成長してもずっと使えるデザインがいいですね♪コンパクトサイズだとリビング学習にも最適です! --------------   bed 1日頑張った体を休めるベッド選びも大切!夜中目が覚めたときにすぐ降りれる高さやベッド下収納できる便利さなど、機能性のチェックは重要です。   -------------- おすすめアイテム          

冬用寝具「掛け布団」の選び方 

冬用寝具「掛け布団」の選び方 

staffdoris

眠るときに必ず必要な「掛け布団」。睡眠中の適切な温度を保つことは良質の睡眠をとる上でとても大切なことです。掛布団には肌ざわりの良いマイクロファイバー素材ものや、保温性に優れている羽毛布団など種類が豊富です。素材のもつ特徴や機能性を知り、自分に合った掛け布団を見つけてみませんか? ------------------------------ ■あたたかさ冬用の掛け布団は、十分な暖かさがないといけません。保温性や発熱性のある素材を選ぶことで、より快適な睡眠にすることができます。 ・羽毛(ダウン)→羽毛は非常に優れた素材で、寒い時には広がって空気を含み、暑い時には縮まって空気を逃がします。 このことから、保温性や吸放湿性が高い素材といえます。 また、軽量で体にフィットするので温かさを逃がすことがなく、重たい毛布を重ねなくても1枚で十分な暖かさを保てます。・羊毛(ウール)→羊毛は柔らかくこちらも保温性と吸湿性に優れた天然素材です。繊維の表面がウロコ状で独特のちぢれをもっており、この形状が保温性・吸湿性・発散性・弾力性を作り出しています。また、羊毛は体が出す水分を吸収して空気中に放湿してくれるので、夏でも湿っぽく感じることがありません。・ポリエステル→ポリエステルは人気の素材で、柔らかくボリュームがあるので掛け布団だけでなく、枕や衣類などにもよく使われています。 抗菌防臭・防ダニ・消臭・吸湿発熱・吸汗速乾・保温などの機能を施したポリエステルの綿(わた)もあるため、悩みや生活スタイルに合わせて選べるのが最大の特徴です。  ------------------------------ ■むれにくさ人は眠っている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。毎日使うお布団だから清潔な状態で使いたいもの。それぞれの機能性を知ることで、購入の時に迷わず選べますね♪  ・吸放湿性→湿気や汗を吸収し放出します。これにより布団内の湿度が上昇するのを防いでくれます。・調湿→布団内の湿度を適度にコントロールします。寝具が湿度を調整することで、体が快適な温度と湿度で保たれ良質な睡眠をサポートします。湿度が高すぎると寝ているときに不快感が生じ、低すぎると乾燥しやすくなります。・吸汗速乾→眠っているときにでる汗を速やかに吸収し、吸湿後に素早く乾燥します。この機能により、寝具表面が濡れてしまったり、布団内の湿度が上昇するのを防ぎます。吸汗速乾性の寝具は、季節によって湿度を調整するので夏季・冬季両方で快適に使用することができます。  ------------------------------ ■清潔さを保つ 毎日使用する掛け布団は、睡眠中に寝汗を吸収します。 そのため、使用を続けると布団本来の快適さが失われたり湿度が上がることでダニや菌などが発生しやすい環境になってしまいます。 お天気の良い日は外でこまめに天日干しすることが大切です。また清潔感を保つため、【防ダニ・防臭・抗菌・消臭効果のある掛け布団】もおすすめです。ウォッシャブルタイプのお布団だと定期的にご自宅で洗えるので清潔さを保つことができますね♪  ------------------------------ ■体にフィットするキルト加工体のラインに密着するような立体キルティング加工。寝返りをしてもズレ落ちることなく隙間ができにくいので、お布団の中の温かさを逃がさず保ちます。  ------------------------------ ■自分に合った布団選び掛布団は季節によって厚みを使いわけることで、年中快適にお使いいただけます。・肌掛け布団→中綿の量が少ない比較的薄手のタイプのお布団。羽毛が使われているものは「ダウンケット」、羊毛が使われているものは「ウールケット」と呼ばれています。 季節の変わり目で昼夜の寒暖差がある場合や、夏場の冷房からの冷えを守るのに最適です。・合い掛け布団→肌掛け布団より少し厚みのあるタイプのお布団。軽いお布団がお好みの方や、マンションなど気密性が高い住宅の場合は合い掛け布団1枚で暖かく使用いただけます。暖かさが足りない時は、毛布や肌掛け布団との合わせ使いもおすすめです。・2枚合わせ掛け布団→肌掛け布団と合い掛け布団の2枚を組み合わせたタイプのお布団。夏は肌掛けのみ、春秋は合い掛け、冬は2枚合わせなど、分けて使用することもできるので、1年を通してお使いいただけます。  ------------------------------ いかがでしたでしょうか?これからの寒い季節。ちょうどいい温度・湿度を保てるものを選び、暖かい掛け布団で毎日ぐっすり眠りましょう。ドリスではスタッフいちおしの寝具が続々入荷しております。ぜひ、一度お試しください。

冬用寝具「掛け布団」の選び方 

staffdoris

眠るときに必ず必要な「掛け布団」。睡眠中の適切な温度を保つことは良質の睡眠をとる上でとても大切なことです。掛布団には肌ざわりの良いマイクロファイバー素材ものや、保温性に優れている羽毛布団など種類が豊富です。素材のもつ特徴や機能性を知り、自分に合った掛け布団を見つけてみませんか? ------------------------------ ■あたたかさ冬用の掛け布団は、十分な暖かさがないといけません。保温性や発熱性のある素材を選ぶことで、より快適な睡眠にすることができます。 ・羽毛(ダウン)→羽毛は非常に優れた素材で、寒い時には広がって空気を含み、暑い時には縮まって空気を逃がします。 このことから、保温性や吸放湿性が高い素材といえます。 また、軽量で体にフィットするので温かさを逃がすことがなく、重たい毛布を重ねなくても1枚で十分な暖かさを保てます。・羊毛(ウール)→羊毛は柔らかくこちらも保温性と吸湿性に優れた天然素材です。繊維の表面がウロコ状で独特のちぢれをもっており、この形状が保温性・吸湿性・発散性・弾力性を作り出しています。また、羊毛は体が出す水分を吸収して空気中に放湿してくれるので、夏でも湿っぽく感じることがありません。・ポリエステル→ポリエステルは人気の素材で、柔らかくボリュームがあるので掛け布団だけでなく、枕や衣類などにもよく使われています。 抗菌防臭・防ダニ・消臭・吸湿発熱・吸汗速乾・保温などの機能を施したポリエステルの綿(わた)もあるため、悩みや生活スタイルに合わせて選べるのが最大の特徴です。  ------------------------------ ■むれにくさ人は眠っている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。毎日使うお布団だから清潔な状態で使いたいもの。それぞれの機能性を知ることで、購入の時に迷わず選べますね♪  ・吸放湿性→湿気や汗を吸収し放出します。これにより布団内の湿度が上昇するのを防いでくれます。・調湿→布団内の湿度を適度にコントロールします。寝具が湿度を調整することで、体が快適な温度と湿度で保たれ良質な睡眠をサポートします。湿度が高すぎると寝ているときに不快感が生じ、低すぎると乾燥しやすくなります。・吸汗速乾→眠っているときにでる汗を速やかに吸収し、吸湿後に素早く乾燥します。この機能により、寝具表面が濡れてしまったり、布団内の湿度が上昇するのを防ぎます。吸汗速乾性の寝具は、季節によって湿度を調整するので夏季・冬季両方で快適に使用することができます。  ------------------------------ ■清潔さを保つ 毎日使用する掛け布団は、睡眠中に寝汗を吸収します。 そのため、使用を続けると布団本来の快適さが失われたり湿度が上がることでダニや菌などが発生しやすい環境になってしまいます。 お天気の良い日は外でこまめに天日干しすることが大切です。また清潔感を保つため、【防ダニ・防臭・抗菌・消臭効果のある掛け布団】もおすすめです。ウォッシャブルタイプのお布団だと定期的にご自宅で洗えるので清潔さを保つことができますね♪  ------------------------------ ■体にフィットするキルト加工体のラインに密着するような立体キルティング加工。寝返りをしてもズレ落ちることなく隙間ができにくいので、お布団の中の温かさを逃がさず保ちます。  ------------------------------ ■自分に合った布団選び掛布団は季節によって厚みを使いわけることで、年中快適にお使いいただけます。・肌掛け布団→中綿の量が少ない比較的薄手のタイプのお布団。羽毛が使われているものは「ダウンケット」、羊毛が使われているものは「ウールケット」と呼ばれています。 季節の変わり目で昼夜の寒暖差がある場合や、夏場の冷房からの冷えを守るのに最適です。・合い掛け布団→肌掛け布団より少し厚みのあるタイプのお布団。軽いお布団がお好みの方や、マンションなど気密性が高い住宅の場合は合い掛け布団1枚で暖かく使用いただけます。暖かさが足りない時は、毛布や肌掛け布団との合わせ使いもおすすめです。・2枚合わせ掛け布団→肌掛け布団と合い掛け布団の2枚を組み合わせたタイプのお布団。夏は肌掛けのみ、春秋は合い掛け、冬は2枚合わせなど、分けて使用することもできるので、1年を通してお使いいただけます。  ------------------------------ いかがでしたでしょうか?これからの寒い季節。ちょうどいい温度・湿度を保てるものを選び、暖かい掛け布団で毎日ぐっすり眠りましょう。ドリスではスタッフいちおしの寝具が続々入荷しております。ぜひ、一度お試しください。

「着る毛布」のおすすめ♪

「着る毛布」のおすすめ♪

staffdoris

冬のルームウェアとして定番となってきた「着る毛布」。その名の通り毛布のように暖かく、足元までカバーできるロング丈のものがほとんどの為冷え対策の必需品です♪さらに、毛布なのに重たくなく、とても軽く柔らかい肌ざわりなのでお部屋の中でも動きやすく手放せなくなるあったかウェアです。今回の記事では、今年もおすすめの着る毛布について、詳しくご紹介します♪ ------------------------------------------ ■着る毛布の魅力とは?毛布にくるまった感覚で体を冷やすことなく、自由に動き回れるのが着る毛布の魅力です。着た感じもゆったりとゆとりがある着心地なので、ソファでのリラックスタイムにはもちろん、寒い朝布団からできるのが苦手な方などにとても重宝されるほど人気のアイテムです。さらに、着る毛布で体を暖め防寒できることで暖房の使用頻度が減り、電気の節約にも繋がります♪ ------------------------------------------ ■肌ざわりや着心地は素材がポイント・アウトドアでも活躍するフリース素材→フリース素材は優れた保温性を持ち、密な繊維構造なので体温を逃がしにくい素材です。 また、柔らかく軽量で伸縮性があるため、動きやすく着心地が良いといわれています。 お手入れも簡単で、ご家庭での洗濯ができ速乾性があるため洗濯後の乾燥も時間がかからないので清潔さを保つことができます。・人気のマイクロファイバー素材→マイクロファイバーを使用した毛布はとても肌ざわりがよく人気です。繊維が非常に細かく作られて おり、空気を多く含んでいるので保温性があります。さらに通気性もよいので、長時間使用したり汗などの水分を吸収しても蒸れにくく快適にお使いいただけます。また、マイクロファイバー製は毛布なのに軽量なので、着たときに負担を感じにくくとても便利です。 ・高級感漂うフランネル素材→フランネル素材は、ふんわりとした肌ざわりがとても魅力です。薄くても保温性に優れており寒い夜でも体温を逃がさずあたたかく過ごせます。 適度に湿気を逃がしてくれるので、蒸れる心配もありません。また、柔軟性や弾力性もあるので体にフィットしやすくシワになりにくいのも魅力の1つです。 ------------------------------------------ ■着やすさにこだわるなら、サイズやデザインもチェック毎日着るものだから、サイズ選びも重要なポイントです。ライフスタイルやどういったときに使いたいかを考えて選びましょう♪・ショート丈→とにかく動きやすさにこだわる方にはショート丈がおすすめ。ショートタイプは着丈90cm以下のものが多いので、ブランケットとしても活用できます。 ・ミディアム丈→家の中で動くことの多い、お母さん方におすすめ。ミディアム丈だと裾を引きずりにくいので、暖かさも保ちつつ室内で動きながらでも安心して着用でき、ストレスフリーです。 ・ロング丈→1日の終わりをゆったりと寛ぎながら着用したい方にはロング丈がおすすめ。足まですっぽりとカバーできるので、冷えやすい足先も温まり心地良く寛げます。 ・フード、ポケット付き→より使いやすい着る毛布を選ぶなら、ポケット付き・フード付きなどをチェックするのもポイント!スマホを持ち歩くことが多い方にはポケット付き、顔周りの防寒対策もしたい方にはフード付きがおすすめです。 ------------------------------------------   ■お手入れ方法も要確認しましょう!安心して長く使うためにも、お手入れ方法のチェックは忘れずに!簡単にお手入れできるものであれば、万が一汚れてしまっても安心です。ご自宅の洗濯機で丸洗いできるのか、乾きやすさはどうなのか確認しておくと良いでしょう♪ ------------------------------------------ いかがでしたか?この記事が着る毛布選びの参考になりましたら嬉しい限りです!今年も人気の「着る毛布」ぜひ、1度手に取ってお試しください♪   ★おすすめ商品はこちら★

「着る毛布」のおすすめ♪

staffdoris

冬のルームウェアとして定番となってきた「着る毛布」。その名の通り毛布のように暖かく、足元までカバーできるロング丈のものがほとんどの為冷え対策の必需品です♪さらに、毛布なのに重たくなく、とても軽く柔らかい肌ざわりなのでお部屋の中でも動きやすく手放せなくなるあったかウェアです。今回の記事では、今年もおすすめの着る毛布について、詳しくご紹介します♪ ------------------------------------------ ■着る毛布の魅力とは?毛布にくるまった感覚で体を冷やすことなく、自由に動き回れるのが着る毛布の魅力です。着た感じもゆったりとゆとりがある着心地なので、ソファでのリラックスタイムにはもちろん、寒い朝布団からできるのが苦手な方などにとても重宝されるほど人気のアイテムです。さらに、着る毛布で体を暖め防寒できることで暖房の使用頻度が減り、電気の節約にも繋がります♪ ------------------------------------------ ■肌ざわりや着心地は素材がポイント・アウトドアでも活躍するフリース素材→フリース素材は優れた保温性を持ち、密な繊維構造なので体温を逃がしにくい素材です。 また、柔らかく軽量で伸縮性があるため、動きやすく着心地が良いといわれています。 お手入れも簡単で、ご家庭での洗濯ができ速乾性があるため洗濯後の乾燥も時間がかからないので清潔さを保つことができます。・人気のマイクロファイバー素材→マイクロファイバーを使用した毛布はとても肌ざわりがよく人気です。繊維が非常に細かく作られて おり、空気を多く含んでいるので保温性があります。さらに通気性もよいので、長時間使用したり汗などの水分を吸収しても蒸れにくく快適にお使いいただけます。また、マイクロファイバー製は毛布なのに軽量なので、着たときに負担を感じにくくとても便利です。 ・高級感漂うフランネル素材→フランネル素材は、ふんわりとした肌ざわりがとても魅力です。薄くても保温性に優れており寒い夜でも体温を逃がさずあたたかく過ごせます。 適度に湿気を逃がしてくれるので、蒸れる心配もありません。また、柔軟性や弾力性もあるので体にフィットしやすくシワになりにくいのも魅力の1つです。 ------------------------------------------ ■着やすさにこだわるなら、サイズやデザインもチェック毎日着るものだから、サイズ選びも重要なポイントです。ライフスタイルやどういったときに使いたいかを考えて選びましょう♪・ショート丈→とにかく動きやすさにこだわる方にはショート丈がおすすめ。ショートタイプは着丈90cm以下のものが多いので、ブランケットとしても活用できます。 ・ミディアム丈→家の中で動くことの多い、お母さん方におすすめ。ミディアム丈だと裾を引きずりにくいので、暖かさも保ちつつ室内で動きながらでも安心して着用でき、ストレスフリーです。 ・ロング丈→1日の終わりをゆったりと寛ぎながら着用したい方にはロング丈がおすすめ。足まですっぽりとカバーできるので、冷えやすい足先も温まり心地良く寛げます。 ・フード、ポケット付き→より使いやすい着る毛布を選ぶなら、ポケット付き・フード付きなどをチェックするのもポイント!スマホを持ち歩くことが多い方にはポケット付き、顔周りの防寒対策もしたい方にはフード付きがおすすめです。 ------------------------------------------   ■お手入れ方法も要確認しましょう!安心して長く使うためにも、お手入れ方法のチェックは忘れずに!簡単にお手入れできるものであれば、万が一汚れてしまっても安心です。ご自宅の洗濯機で丸洗いできるのか、乾きやすさはどうなのか確認しておくと良いでしょう♪ ------------------------------------------ いかがでしたか?この記事が着る毛布選びの参考になりましたら嬉しい限りです!今年も人気の「着る毛布」ぜひ、1度手に取ってお試しください♪   ★おすすめ商品はこちら★